営業代行は派遣と違う?依頼する上で知っておきたい大きな違い


営業代行と並んで注目される営業派遣とは

営業力を強化する方法として営業代行と並んで営業派遣もよく用いられています。営業派遣では営業に長けている人材を派遣してもらい、現場で指示をして働いてもらうのが基本です。派遣の人材に求めることは派遣会社との契約時点で打ち合わせをしておきます。テレアポや飛び込み営業、ルートセールスなどの業務を決めて契約するケースが多いですが、営業業務全般という枠組みにしてその都度指示を出して働いてもらうことも可能です。また、スキルや経験が充実している人材の派遣を希望して、コンサルタントや教育担当者としての役割を果たしてもらう方法もあります。営業力をどのようにして強化したいかに応じて適材を派遣してもらうと効果が上がりやすいのが魅力です。

営業代行と営業派遣の違い

営業代行が営業派遣と違うのは代行依頼をするとアウトソーシングに近いことです。営業派遣の場合には何をすべきかを具体的に指示しなければならないのが一般的です。しかし、営業代行の場合には目的や目標を伝えるだけなのが基本で、具体的に何をするかは代行依頼を受けた会社やスタッフが考えます。つまり、個々の業務に対応してくれる人を探したい場合には営業派遣が向いていますが、営業に関連する目標を達成したいのなら営業代行を依頼するとスムーズです。完全なアウトソーシングもできるため、社内負担を軽減するための方法としても営業代行は活用されています。人材の補充にも対応してくれる場合があるので、営業代行は活用範囲が広いと言えるでしょう。

営業代行を利用することによって、社内で営業に特化した人材を育成する時間や費用の削減が可能になります。